シノワローザ空間

薔薇やお庭、スピリチュアル怪談、好きな事など

フードロスと或る日或る時キャベツの受難

キャベツが安いよーキャベツ、キャベツ、キャベツ安いっ、ゴロッとまるっと持ってきなーーーキャベツだよー今がお買い得だよぉー…

 

キャベツ畑

昔のように八百屋さんがあったら、こんな呼び込みが聞こえていたことでしょうけど、今はなかなかこんな売り方はいたしませんね~(^_^;)

 

 

とあるスーパーにて

少し前に、某スーパーに買い物に寄りまして。

ここは普段お買い物をするスーパーではなくて、たまたま寄ってみた所だったんですけど、まるまるとしたお安いキャベツがたくさん積まれておりました。

まるまる?  …カクカクしたキャベツ、トゲトゲしたキャベツ、まるまるしていて当たり前ですね、自分でお話をしていてふと思ってしまいました(-_-;)

 

ふと見ますと、キャベツコーナーの足元にダンボール箱が置かれていて、中にキャベツのちぎられた葉っぱがたくさん入っている。。。

 

あーそうか。

お客様がキャベツの外側の葉っぱをむいて捨てていくんだ。。。

 

キャベツは英語ではcabbage、発音はキャベッジです。

キャベッジはとてもありがたい野菜でして、有名胃腸薬にもその名の通り成分が含まれていますし、あれひとつで葉物野菜はしばらくもつくらい、使い出がありますよね。

葉物ないからとりあえずキャベッジの炒め物出しとけ的な。

しかも今はまるごとお安く買える(^-^)

 

…お客様、キャベッジの(しつこいぞ)外側の葉っぱを捨てていく理由はなんでございましょう?

 

  1. みんながベタベタ触るので気持ち悪い、不衛生だから。
  2. なんとなく黄ばんでいたり、穴が空いていたり傷んでいるから。
  3. 昔は外側の葉っぱが食べられないくらい傷んでいて、その時にむいていた習慣が抜けないから。

 

おそらく、ここらへんが理由かと思われます。

 

現代の農家さんは、畑でキャベッジを(いい加減にしろ)作り、収穫・出荷する時には本当に硬くて傷んだ外側の葉っぱはむいて、きれいにして出荷されています。

あの外側と思える部分はすでにIN、内側の部分。

おわかりいただけただろうか?(某呪いのビデオより)

この写真のまんまるのところです。

キャベツ

しかも外側に近いので、実はずっと中ほどよりも太陽にも当たり、ビタミンCが豊富ときた!

粘膜を強化し風邪予防、疲労回復効果のあるビタミンCですよー。

 

他人が触っても、ちゃんと水流でごしごし洗えば食べられる部分ですし、煮込んで味噌汁やスープ、ホントに普通においしいです。

なので、むいていらっしゃる方は、栄養豊富な部分をむざむざ捨てていることになっちゃうんですよ~。

キャベッジ(…もういい)買ってるのに。

昔は農家さんも泥がついたままとか硬いところもそのまま出荷ということもあったそうですが、今はそのようなことは見たことがありません。

 

計算しますと、ひとつのキャベツにつき、2枚捨てれば30個では、ゆうに60枚の食べられるはずの葉っぱが捨てられるか、飼料になるか。

飼料ならまだいいですね、生き物の糧になりますので。

でももし廃棄されているとしたら、なんてもったいない!(おぉ神よ…!)

洗って調理すれば、立派なロールキャベツが作れる葉っぱです、外側は大きいので。

煮込めば、困っている方を温めるスープもできるのに。。。

フードロスの極みですし、育てられた方に顔向けできません。

かわいくないからさらに顔向けできません。

ほとんどのスーパーではこのようなことは見ないんですけどねー(^_^;)

店長さんや店員さんが古風な考え方の持ち主なのかもしれませんね。

でも食糧難に向けて突っ走っているこの世界で、食べられるものはすでに無限ではないので、売る方も買う方も、大事にしたいところです。

 

らでぃっしゅぼーやどうなった

そういえば前にお話をさせていただきましたが、らでぃっしゅぼーや様のシステム、やっとわかりました。

慣れてしまえばただ普通にお買い物をすればいいだけだったんですけど(おい)私にはちょっとややこしかったんです(笑)

でも、野菜の使い方や保存、フードロス削減のヒント、農生産者さんたちの取り組みなども教えてくださるし、らでぃっしゅぼーやのはじめかたなんていう親切なメールも届くので、私もできるだけのことは頑張ろうかなぁ、と。

 

野菜の端や芯なども集めて、煮て、ダシをとる。。。種類豊富になればなるほど良い味が出ると、ふんふんなるほど~。

濃厚なものはとれないでしょうけど、コンソメに足すといいじゃないですか(^-^)

 

野菜や果物、形は不細工でも、本当に味は変わりませんし、むしろスーパーなどで買うものよりも、おいしい♪

馴染みのない珍しい野菜も入れてくださるので、おもしろいですし、使ってみましょうかー、それならどんな食べ方を? と作る意欲も少しは沸くかなー。

実際、届けていただいて箱を開ける時には、ちょっとしたワクワク感が味わえます。

これからも、らでぃっしゅぼーや様のお世話になろうと思っている、らでぃっしゅぼーやビギナーでした(笑)

 

トップへもどる