シノワローザ空間

お庭仕事や薔薇、植物、好きな事など

おしょうゆがけご飯のぜいたく

なにかで読んだんですよ~。

 

『…ごはんにおしょうゆをかけて食べると、卵の味がするようで、卵かけご飯を食べている気持ちになれました…』

 

どなたが書いたものなのか、昔のことなので忘れちゃったんですけど、なぜかこの文章だけ、ずっと印象に残っているんですよね~。

おしょうゆかけごはん

戦中戦後の動乱期で、物資がひどく不足し闇市が立って、卵というものが立派なご馳走だった時代のこと。

長い昭和の時代には、輸入されたバナナが珍しく、特級おやつだった時代もありました。

そんな時代には、このようなこともあったんですね~。

 

 

ごはんとパン

豊かにお米が採れ、私たちは当たり前のように白いごはんを食べられています。

時代が違ったら『そんなものしか食べられなかった』雑穀を、今は健康を考えて混ぜたりもしてますよね。

でもだいぶ以前から日本は、お米離れが問われてきました。

理由は朝食にシリアルやパンは手軽で時短になる、ごはんだと面倒と聞きましたが、みなさまはいかかでしょうか?(*^^*)

 

私も、自分の食事で考えてみると、これは気持ち、わかります(^_^;)

やっぱり忙しい時はどうしても余裕がないので、栄養バランスのことまで細かくは考えていられないという現実(笑)

なんといっても、パンだとパパッと食べられますから。

 

ただ、パンには小麦だけでなく他の原材料も混ぜて使われていますし、一般に市販されているものには添加物も。

これを抜きでは保存が長くできないので仕方ないですし、安全基準を満たしたものが使われているはずなので、食べたからすぐにどうこうとはならないとは、思います。

 

でもそのことを考えると、ごはんの原材料はお米と水だけですよね。

加熱して炊くので身体にも優しいですし、何にでもあいます。

お粥は身体の弱った方にも、昔からピッタリですし、日本人が古来から食べてきた穀物ですから、身体にあわないわけはないですよね~。

 

『シンプルなので飽きがこないんです』と、あの料理家、土井義晴先生も以前CMでおっしゃっていまして。

 

確かそのCMは、炊きたてのごはんに卵の黄身がとろけるハムエッグを乗せた、ハムエッグ丼を作っていました。

けっこう放映していたので、広い全国、覚えてるよ~という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

CMがあまりにもおいしそうだったので、私は印象に残っています、いやぁーーー食べたーーーい!( ≧∀≦)ノ

 

この前、おいしかったものの再現のお話をさせていただきましたけど、このCMの時も私やりました(笑)

 

マネして何回かハムエッグ丼を…  黄身がとろけなきゃアレじゃないのよ! と卵の火通しに細心の注意を払い…

確か、CMの丼より土方飯…ごはんを増やしました(^_^;)

品がありませんね~(笑)

 

ごはん党なので、パンがなくても卵と納豆、+漬け物、そして肝心のごはんさえあれば生きていけるタイプ。

ごはんの朝ご飯が面倒なら卵かけごはん、いいんじゃないでしょうか?(笑)

卵かけごはん

スープ類が欲しければ、インスタントのお味噌汁とか中華スープに、冷凍素材のオクラとかネギを(セブンイレブンで売ってるやつとか)ちょこっと入れれば、と。

それなら、ごはんの朝御飯でも簡単ですよね~♪

 

納豆好きとしては、納豆がけごはん、十分やないか! とは思うんですけど、たぶん、ご飯は面倒のパン派の方は、納豆の入っていた発泡スチロールの容器を処分するのがちょっと面倒なのではないでしょうか?(笑)

 

そのようなことで、さきほどの『ごはんにお醤油をかけると卵の味がするような…』には時代や境遇は違いますが、絶対的な共感を覚えます(笑)

 

…なーんてことをお話していても、パンも麺も、みんな好きなんですけどね~。

まぁ食いしん坊の人間て、そういうものです~( ・∀・)

 

特にアヒージョとフランスパン、ワインの組み合わせをいただきましたら自殺行為といってもいいほど(さすがにこれを白いごはんでとは思わないです、ええ、さすがに)。

フランスパンを食べすぎて、ものすごく苦しい、地獄をさまよう思いをします…(笑)

 

ご近所のベーカリーのデニッシュ(特にフルーツの乗ったやつ)とか。

あんパンもいいなぁー。

肉まんとかも。。。

 

…お腹すいてます。

 

ありがたいことに好き嫌いがないので、胃腸を壊していない限りは、なんでもおいしいんですけどね~(笑)

 

ということで本題ですが

ご飯は、稲。

お醤油やお味噌は、大豆。

麺やパンは、小麦。

そして、お水。

 

この先、当たり前にあるものが、もしかしたら地球温暖化の影響で、なくなることもあるかもしれません。

お水は今の日本ではまだ水道水がじかに飲めますが、これだって環境汚染が進めばそのうち飲めなくなることもあるかも…。

 

私が生きている間は大丈夫でも、その後に生き続ける方々には現実的に起きてくることかもしれません。

…『やりすぎ都市伝説』みたいになってますが。

 

いい!?

お米もお水も、当たり前に食べられる、飲めると思ってたらこの先の未来、大間違いだから!!

知ってる!?

人間はね? ありとあらゆるものを無駄にしている生き物なの。

もう食べるという行為自体がなくなって、サプリメントだけで栄養素を摂る時代がくるんだからね?

 

…Mr.都市伝説、関暁夫さんの真似をしてみました。

 

基本のものがなくなってしまう、というのはとてつもなく怖いことですよね。

だってもしも経済的、精神的に苦しくても、せめて米と水があれば、なんとか生きてはいけます。

 

地球環境がもうこれ以上壊れないようにできればいいのですが、世界情勢を考えるとそれも難しそう。。。

環境だけでなく、食糧の廃棄率も問題です。

 

でもこれも社会を回すこと、その職業に従事され、生活している方々もいらっしゃる。

廃棄率は害ではあっても、人間が生きていく上では必要悪なのかもです。

 

基本のものを当たり前に食べることができる。

これって本当は、最高のぜいたくなんですよね。

『おしょうゆがけご飯』も、今の時代、実はぜいたくなことのように思えます。

 

自然というものと、生産者様や運んでくださる方々、売ってくださる方、みなさまの努力に感謝しながら、あらためてシンプルな『おしょうゆがけご飯』にも感謝しながら、生きられたらいいなぁと思います。

 

トップへもどる