シノワローザ空間

お庭仕事や薔薇、植物、好きな事など

お香の世界

今回はお香についてのお話をさせていただきますね~。

f:id:hanairoryuka:20210207195450j:image

日本ですと、香を焚きしめる、これは平安の時代からでしょうか。

男性も女性も、自分オリジナルの香を纏(まと)っていたといいますが。

でも違うかな、たぶんもっと古くからですね、って、調べてみましたら、なんと、日本書紀、595年に香木が淡路島に流れ着いたという記録が!

驚きですね!!

 

◆こちらを参考にどうぞ。『香源』さまより、お香の歴史



毎日シャワーなんて浴びられないっ、という臭い消しが元ですから(香水も同じですが)、これを考えるとちょっとビミョーなんですが。

土地や時代が変わっても、人間考えることは同じってことなんですね~。

スメルハラスメントはしたくないな、モテないしな、のような心理かも(笑)

 

で、こういうことってないですか?

アジアな国からのお土産に、その土地のお香をいただいた。


でも焚いてみたらズんご臭いッ!!

本当に申しわけないけど使えない!

 

という経験。

それもそのはず、アジアなお香、土地に住む人がいうには、これって本来は家の中で焚くものではなく、屋外で焚くものらしいんですよ。

ほら、アジアの国は日本と違って、家と外がつながり、解放されてる家屋が多いですよね?

そんな環境で焚くと、ちょうどいいそうなんです。

 

そういえば、金鳥蚊取り線香も、閉めきった家の中だとものすごい臭いになりますが、縁側の開放された場所などで(今の家ではあんまり縁側自体ありませんが)焚けば、もちろん蚊よけにもなり、匂いの拡散もちょうどいいっていうのと同じかな?

 

なので、アジア土産のお香は、そうですねぇ~、網戸越しのベランダの、窓に近いあたりなどに置いて、部屋に流れ込んでくる香りを楽しむ、というのがいいかもしれません。

 

でもお香なんだから家の中で焚きたいわよ、という時は、ほどよいほのかな香りで焚けるお香がいいですよね~。
それにはやっぱり日本製のお香がいいと思います。


メーカーはいくつかあるんでしょうけど、とても心地よい香りが多く、そして香りすぎないと思って、長年使ってるのは、日本香道さん(お線香青雲のとこです)のお香、特に『かゆらぎ』スティックタイプ。

お香かゆらぎスティックシリーズ
お香屋さん、和物雑貨屋さんなどでお店に置いてあるのを見かけます。

 

ネット内では、以前は楽天市場にも出店されてたのですが、なくなってしまい、今はYahoo!ショッピングへの出店か、公式のオンラインショップでの販売になってますね。

あとはそれぞれ、扱ってるお店か。

日本香道さんって、ネットでお買い物すると、プレゼントのお香をおまけにつけてくださいます。

 

…???

 

…すみません、2021年今現在は確認をしておりませんので、なんともいえないんですが、昨年まではつけてくださってました(汗)


かゆらぎ以外にもシリーズはありますが、時間的にはスティックですと長持ちするので、常にこのシリーズをだいたい、玄関で焚きます。
そうすると2階まで、家全体に香りが立ち昇ってくれて、しかも穢(けが)れも祓(はら)えて一石二鳥です♪

 

香りには古来から魔除けの効果があるともいわれてますので、短時間のものをトイレで焚くこともあります。
あとは、単純に臭い消しにも。

ネイティブアメリカンがホワイトセージを焚くという有名な話もありますし、『都市伝説とスピリチュアル』でもご紹介しました、都市伝説きさらぎ駅の中でも、煙をたいてみたら、とか、ライターで火を、というくだりがありましたね~。

 

魔除けとか、穢れ祓いは気の持ちようかもしれませんが、お香を焚くとなんとなく空気磨きをしたような、清々しい気分になりますので、心地いいですよ~。

 

今の時代、もちろん男性にもおすすめです!

すれ違った時、あら、ふと香水の香りが… じゃなくて、ふとお香の香りが…する男性って素敵ですよ~。

お坊さん。。。

あれ、お坊さんてお香の香りでしたっけ?

いやいや、お坊さんは、お線香の香りですよねーーー!?

 

トップへもどる

●  つづき  エッセンシャルオイルについて