シノワローザ空間

お庭仕事や薔薇、植物、好きな事など

スピリチュアルなサイン芳香現象を考えてみる

霊香(れいきょう)、霊臭とかいいますね。

香るはずのない状況で、物理的には香っていない匂いを感じる現象のことです。

ユリ

スピリチュアル系の現象ですけど、その匂いは多種多様に渡るようです。

 

 

良いものの香りは?

いわゆる神様とか天使とか(私にはこの天使というものの概念はよくわからないんですが(^_^;))高い位の霊の香りは、お花系だったり、白檀などのお香系だったり、爽やかで清々しさを感じさせる香りだといいます。

ちょっと思いましたけど、貧乏神や死神でも良い香りなんでしょうか?(笑)

 

故人の霊では、お線香だったり(まんまですが)、その方がお好きだった香り、たとえば、ずっと纏われていらした香水とか、タバコとか、コーヒーとか、その方にだけ縁のある香りだそうですので、もしもスパゲティナポリタンに目のなかった方なら、その匂いがしてくるかもしれません。

霊がやってきてジャンバラヤの匂いとか? 

アリかもです。

あ~~そういえばあの人、2日に一度はジャンバラヤ食べてたからねぇ~とか?(笑)

 

科学的に考えてみると

匂いの成分の伝達が部屋の中などならともかく、外の空気中でどのように運ばれていくのかはわかりませんが、周りを見渡しても人や喫煙所もないのにタバコの臭いがする、お墓もないお坊さんもいないのにお線香の匂いがする、というのも確かに不思議なことではありますよね。

 

残り香、というものの可能性を考えてみますと、常に風で空気の流れのある屋外で、もしそれがあるとしたら、そばには発散させている物があるはずですよね。

ですので屋外での残り香、という可能性は少し考えにくいですね~。

 

もうひとつ、屋外で見えないところに花がある場合。

大きな木ですと、ひとめ見れば、あー花が咲いているとか、この木から匂ってるのね(新緑の匂いとかですね)とわかりますので、人の視線よりも下の、小さめの花の可能性。

 

たとえば沈丁花とか、フリージアとか。

これですと背が低く、生け垣などで見えない場所にある可能性がありますね。

 

株が大きければ大きいほど、香りの発散も強いと思われるので、たとえ風に消されても発散元は咲いている限り、常にそこにあるのでわかります。

近寄れば、そこから発しているということもわかりますでしょうし、見えますね。

 

でも、ユリとかフリージアとかが風の影響を突破してまで自然に香るためには、そこには何十本と大量にないと難しいと思います。

 

実際にお庭仕事をしていても、バラにしろ、クチナシにしろ、自然の香りは風の中ではそんなに強く、遠くまではなかなかいきません。

 

初夏のジャスミン類あたりは季節的に湿度もあがってくる時期に咲きますので、モワッとして香りもかなり強いですが、それでも小さな株では、遠くまで流れるのは難しいと思います。

 

神奈川県横浜市周辺での異臭騒ぎが昨年から続いていますが、何かと何かの物質があわさって、別の何かの臭い生み出した、ということも化学的には0ではないですよね。

原因がハッキリと特定されていないのが不気味ですけど(-_-)

 

人は約400種類の嗅覚受容体を持っていて、嗅ぎ分けの組み合わせは無限ともいわれ、数十万種類ある臭い物質を嗅ぎ分けることができます。

ワンちゃんはすごいといいますが、人の嗅覚もダテではないんですよ~(^_^)

 

第六感のなせるワザ? 

そのようなことで、よくよく見渡してみても花木のまったくないような場所で突然ユリの香りが、というのはあまりに不自然ですので、もうこれは現実にあるユリの物質的香りではなく、その方だけが肉体的に匂いと感じとっている、ナニカの気配ということになりませんか?

 

人間には視覚、味覚、嗅覚、触覚、聴覚の五感が備わっています。

物理的なものの感じとりはこの五感でやりますが、もっと直感的で感覚的なものは第六感で感じ、この芳香現象というのも、この第六感にあたりますね。

 

よく霊視といいますけど、これもテレビを見るように五感の視覚で見えているわけではなく、ご本人の第六感がこの方の視覚の感覚を使って視せている、ということなんだと思います。

視えるのは、脳裏に浮かんでくるその姿、光景といいますから。

 

なので、ナニカを感じる感覚は人により、見えたり、聴こえたり、匂ってきたり、また触感で感じたり、まちまちだそうです。

気を感じる、虫の知らせということなどと同じことだと思います。

 

この芳香現象というのは、自分へのメッセージ、シグナル、サインだそうですが、平凡な私のような一般人には、たとえそれが何かしらのサインだとしても、どのような意味を持つものなのかまではわかりようがないので残念です(^_^;)

天使の像


良くないものの臭い

ここまでは高位の霊の匂いをお話させていただきましたが、反対に何か悪いもの、いわゆる低級なものですと、腐敗臭やどぶ臭い、生臭さ、あるいは獣臭体臭などの、不快で変な悪臭として感じられるそうです。

 

おぞましいので例としてあげるのは少し憚られますが、小動物の命を残忍に奪うことが好きな人間のそばに寄ると、敏感な方は獣臭を感じたりすることもあると。

 

もちろんこのような人間が長い間、シャワーも浴びず着替えもしていなければ獣臭だけではなく体臭さえもキツくなるのは当たり前ですが、表面上はとてもいい人柄を装っていたり、知名度もあるような大手企業に平然とお勤めをされていたりということもあります。

清潔にされているはずなのですが、不思議なことに臭うのです。

どこからか漂うんですよね。

 

これは典型的な霊臭のパターンになります。

命あるものを必要もなく、愉快だからと鬼畜非情に奪っていた、その命を奪われた数多くの動物たちの想いが凝り固まったものなんでしょうね。

 

突然、はっ、なんだかどぶ臭… と思ってみたら、確かにどぶがそこにあったというのは当たり前ですが、これもまた、どぶなんかないのになんでこんなにどぶくさ? 下水? 近くに動物の死骸でも?(今の時代はあんまりないですが)という時は、あまりよろしくないものがそばにいるといいますね~。

 

香りや煙の役目

霊香はそのような存在がアピールしてくるサイン。

また、魔を除けるために焚く煙(ホワイトセージや香木類など)。

反対に、良い霊を呼び寄せるため、東西問わず、ハーブなどの良い香りのものを焚いたりもします。

 

スピリチュアルにこだわらなくても、エッセンシャルオイルを使うお香を焚く香水を身につける香りの良いものをあえて使うなど、煙や香りというものは、良い意味でも悪い意味でも、魔というものに対しては古来からさまざまな意味を持ってきたんですねー。

 

トップへもどる