シノワローザ空間

お庭仕事や薔薇、植物、好きな事など

地球と地球外生命体の存在を考えてみる

地球外生命体が話題になっているようですね~。

といってもこれはいつも話題になっておりますが(^_^;)

f:id:hanairoryuka:20210728214537j:image

昭和の頃からUFOは、スピリチュアルやホラー、オカルト好きな人たちの中では、その存在のありかが話題になっていましたし、専門家に検証、研究もされてきました。

 

矢追純一さんは86歳の今でも現役だそうですから、そのUFO熱や凄まじく、探求執念たるやあっぱれです。

矢追さんのお若い頃、UFOは空飛ぶ円盤という、ひどくレトロな呼び方をされていまして、昭和のノスタルジーを感じますね~。

カフェを喫茶店と呼ぶようなカンジ?

でもけして間違ってはおりません(笑)

 

地球外生命体の乗り物といわれているUFOの目撃談は、霊を目撃したというのと同じくらい、世界にも数知れず、キャトルミューティレーションされた(血液内臓とも中身空っぽの牛の遺体が見つかったというのがポピュラー)、UFOや地球外生命体に遭遇した、写真を激写した、連れ去られた、チップを身体に埋め込まれた、地球外生命体と交信できる、などいろいろです。

 

 

地球外生命体あれこれ

銀河系は無限で広く、まだまだ未知で得体が知れないもの。

それだけに何かしらの生命はそこにあると考えるのが普通じゃないかなと思います。

その根拠は。

 

だって地球という星は現実にあって、さらにそこには私たちを含め、多種な生命体がいるから、です。

ですので、それがどのような姿であれ、地球のように生命体のいる星は確実に銀河系のどこかにはあると考えます。

イスカンダルのスターシャのように美しいか、アバターのネイティリみたいか、さらには人型とは限りませんしね?

 

ただ、その生命体がいったいどのようなものなのか? というお話になりますと、話はべつになってきますよね~。

いちばんポピュラーなのは灰色の小柄なグレイ(これは実は地球で造られたものという説もある)、ローカルでレトロなものならタコ型火星人とか。

手刀にして喉を叩きながら「ワレワレ ハ  ウチュウジン ダ…」なんておふざけしたことがありますが、これまたノスタルジック(笑)

火星人、金星人なんていわれてましたが、現在では占いのイメージの方が強いでしょうか。

 

そして真偽のほどはわかりませんが、ニビル(これは本当に存在するかはわかりません)やシリウスアンドロメダ、プレアデス、地球外生命体の出身星や星団も種類がたくさん出てきています。

アヌンナキと爬虫類型のレプティリアンは、地球外生命体種族の代表格といっていいと思いますが、太古から地球と地球人に深く関わってきた種族といわれていますよね。

その他にもシャイニングワン、フォールンワンと呼ばれる種族もいるそうです。

 

あの…フォールインワンじゃないですよ? フォール『ン』ワンです、フォールンワン。

フォールインワンですとゴルフです。

両者とも同一種族ですが、フォールンワンの方はシャイニングワンからドロップアウトし、堕ちた存在で、地球で悪行の数々をしでかしているそうですが、レプティリアンとはまた違うんでしょうか…?

 

世界の陰謀説さらっと流します

レプティリアンを出しますと、世界の陰謀説までもお話しなきゃならなくなり、有名なディープステート、ロスチャイルドフリーメイソン、まるでダン・ブラウンの描く小説世界のようになってしまいます(^_^;)

スティーブン・キング原作の映画『ドリームキャッチャー』とか。

 

ドリームキャッチャーというアイテム自体はネイティブアメリカンに伝わる、悪い霊や悪夢を防ぐ(捕える)アイテムですが、まだご覧になっていない方に詳細をお話しますとネタバレになってしまいますので、ご興味のある方は読むか、ご覧になるか、してみてくださいませ。

 

あれはホラーとはちょっと違うと思うんですが(かといってSFとも違うし。いわゆる宇宙もの? いやでも舞台は地球だし)、どうしてこのタイトルなのか? ということは最後にどどーんとわかります(笑)

あ~~もしかしたら本当にこういうことってあるのかもなぁ、というのが実感でした。

 

陰謀説は、果てはトランプ元大統領にバチカンビル・ゲイツ、故・三浦春馬さんにまでおよび(ご興味のある方はそれぞれの言葉でググってくださいませ)、今のコロナやワクチンも、実は人類を削減するための陰謀だ、とも囁かれていますが、さて?

 

悪魔崇拝は大昔からずっと陰ながら存続されてきておりますね。

でも悪魔のような、魔女裁判とかヒトラーのやらかしたこと(悪魔崇拝者)、秀吉のキリシタン狩り、戦時中も各国は酷く残忍なことをやりましたし、日本にも731部隊がありましたよね。

それらは悪魔以上の所業といってもいいことで、人間の内にはやはり善と悪の両方が存在するということの証明のような、おぞましい行為が歴史上、現実に起こりました。

でももしかしたら、この陰にも残忍な性質の地球外生命体の存在があったのかも…しれません。

 

遺跡とか失われた大陸とか

古代遺跡や霊場、霊峰といわれている場所は、UFO(地球外生命体の乗り物)の着陸地になっているといわれています。

そこらへんでの目撃情報が多いということもありますよね。

遺跡と地球外生命体は密接なつながりはあるんだろうなと、私も昔から思ってはいました。

たとえば古代エジプト作のピラミッド、あのように、とことん緻密な計算と計画性、それを成し遂げる力が、古代の地球人にあったのか疑問だったからなんですけど、遺跡は実在しますので、何かしらが造ったり、描いた(ナスカの地上絵)ということは、事実ですよね。

実際造ったこと自体は地球人だと思いますが、その指令を出して導いたのは外の方では…?(笑)

アボリジニ族の中でも確実にこれは異星人だろうというような、彼らにとっての『神聖な神』が伝わっていて、壁画にも残されています。

日本の土偶も、あれは実は異星人をかたどったものでは? ともいわれています。

 

そういえばミステリーサークルというものも、ありましたよね。

UFOが着陸した場所にできるサークル(輪)で、様々な幾何学模様や紋様が巨大に、一夜にして描かれるという。。。

一部、便乗した方たちがイタズラで描いたものも混ざってはおりましたがその後、事実はうやむやになり、ブームも去りまして、今ではどなたも話題には出しませんね~まぁそんなものでしょう。

妖精や小人が手をつなぎ、輪になって踊った跡かもと、少しファンタジーめいたことも考えましたけど、それにしてはちょっと大きすぎですね。

どんだけの人数の小人が何時間踊り続けたんだよ、と(笑)

昔の童謡のようです。

 

発見されていない大陸や文明、たとえばムー、アトランティス、レムリア、邪馬台国など、それらがホントにあったのかはわかりませんが、もしもあったとするなら、宇宙ともなにかしらの関わりはあったと私は思います。

 

神の叡知は地球外生命体の叡知?

人間の知恵は素晴らしいと同時に残酷ですが、数学的な知識、天文学、医学、物理学、ハイテクノロジーなどのルーツとベースは地球外生命体由来であり、人間は彼らの力を借りながら(彼らが人間を操作しながら)文明を築いてきたといわれていますし、それだけに、神と祀られているものの根源は宇宙にあり、祀られている神は実は地球外生命体のこと。。。というお話もありますね。

 

神のプラスの面、悪魔のマイナスの面、このマイナスを背負っているのが爬虫類型レプティリアンやフォールンワンなのかもしれないです。

…私のスマホはどうしてもフォールインワンと変換しようとします(-_-#)  だからゴルフは行かないってば。

しかもゴルフまで、ゴルゴ。

 

さきほどの陰謀説と少し関係しますが、どの地球外生命体もすでに人間たちに紛れ込んで、特に悪質な性質のものは富裕層や政財界、芸能界など、世界を動揺させ動かし、人間を操作できるような立場のところに入り込んでいるとか。

悪質なものが入り込んでいるなら、良識的なものも入り込んでるのが一般的な考え方でしょうけど、隠謀とからむので悪質な地球外生命体の方しかクローズアップされません。

 

人々の恐怖心をマスコミなどを使ってうまく煽り、自分たちの思惑通りに支配しようとしているとも。

そして人間とのハイブリッドまで存在しているともいわれ、ディープステートをコントロールしてるのはレプティリアンたちだ、ともいわれております。

 

ただ、最初の方でお話しした個人の体験談に関しましては一部、見間違えやご本人の夢(明晰夢)や想像から出たもの、または大国の進んだテクノロジーから生まれた地球産の機器(これも陰には地球外生命体が協力している、とも)という説もありますので、定かではないですが、エンターテイメントとしては楽しめます。

 

どのような場所からやってきて、どのような姿をしていて、どのような名前で呼ばれようと、彼らの意図はきっと、ひとつ。

『地球はよくも悪くも彼らの箱庭』なんだと思います。

 

人間に古から神と悪魔と呼ばれているものたち。

地球上の生き物を造り、人間に知恵とテクノロジーを与えた存在。

それを与えたのなら、逆に滅ぼすのもお茶の子さいさいなのでは?

もしも、映画や小説の中にだけ存在するもの… ではなかったとしたら…

 

会ってみたいです(^○^) 怖いけど(^_^;)

 

トップへもどる