シノワローザ空間

お庭仕事や薔薇、植物、好きな事など

ヘデラ・セシリア

ヘデラはアイビーとも呼ばれて、とってもポピュラーな植物ですよね~。

もっとざっくりいいますと、蔦(つた)?(笑)

 

秋に紅葉して落葉する落葉性の蔦もありますし、冬蔦は常緑で、ヘデラは常緑の方ですね。

 

みなさまもいろんな所で目にされていることの多いはずの植物ですが、よく見ると、斑入りのものや、葉っぱが細め、小型なもの、おかめなもの。

日本では100種くらいもあるといいますから、完全に日本人に染み込んだ植物ですよね~。

 

そんなヘデラは常緑ゆえに、ちょっとしたグラウンドカバーに使われてたり、フェンスに這わせたりと、昔から利用価値が高いのも魅力なんだと思います。

 

ただ、放っておくと広がりすぎて、手に負えなくなったり、建物を傷めたりすることもあるようです。

よく、なかば雑草化しているようなものも見かけますが、種が飛んだものなのか、誰かが植えて放置されていたものかはわかりませんが、侵入生物種(自然にではなく、人為的に移動させられてきたもの。外来種といつた方がわかりやすいかと)でもあるので、自宅で増やす時には放っておかず、特に管理の注意が必要ですね。

 

このセシリアは、そのヘデラの中でも、斑入りフリフリ、フリルがポイントです。

これが可愛すぎて衝動買いしました。

観葉植物ヘデラ・セシリア
まだ昨年秋の新入生なので小さいですが、冬でもこのように成長しています。

普段はシュガーバインの隣りにいるので、ふたりで伸ばすのを競争してるカンジです。

ワタシが先~~!(芽先を伸ばす)

そう見えます。

 

成長して時間がたった葉っぱはフリル状が少なくなるようで、新しければ新しいほどフリフリ♪

f:id:hanairoryuka:20210124195017j:image

水やりは今はシュガーバインと同じようにしてますが、このセシリア、意外とガタイがいいんです。

茎は硬く細く、葉っぱも硬い。

ガッチリとスクラム組んでるみたい。

触り心地は、うんと硬くなったパセリみたいです。

昔風にいうと、強(こわ)い。

なので水が足らなくても、なかなかしんなりしません。

 

それよりも。

え、なに、この鉢?  もっとオシャレな鉢に植えればいいのにっていう声、聴こえそうです(笑)

 

昆虫が描かれたこの鉢、ちょっとシュールですけど、虫好きな私には十分オシャレでレアなんです。

絶対、割りたくない鉢のひとつなんですけど、こういうのに限って割るんですよねー…。

お皿なんかもそう。

DAISOとかで買ったものや、ヤマザキ春のパン祭りに限って、いつまでも保つんです。

 

でも、こうやって見ると…

確かにシスター・セシリア(っていう修道女の名前っぽい)の雰囲気には合ってないかもですねー。

植え替え時期がきたら、似合うオシャレな鉢に植え替えてあげましょ~。

 

トップへもどる