シノワローザ空間

お庭仕事や薔薇、植物、好きな事など

秋のビオトープとミミズコンポスト生物活動のお話

今年はなんだか8月から肌寒かったりして気温もジグザグ、雨や曇天が多く、おっと、もう10月ですかい、と思うような気候です。

昨日もお話をさせていただきましたが、あの酷暑と低温の気温差は、私だけでなくお庭の生き物たちにも影響を与えているようです(-_-)

 

ビオトープにて、あれほど活動していたメデカちゃんたちの動きが、目に目えて鈍くなってきておりまして… ちょっと早すぎないですか? まだ9月なんですが(^_^;)

もう卵も生まなくなりましたし、あのダンプがほっそりして。

食欲は今も旺盛な方なんですが産後、体型を戻すためコミットしたようです(笑)

f:id:hanairoryuka:20210917121556j:image

全体的にメデカちゃんたちのエサを食べる量は明らかに減ってきていて、ヒメダカはまだそこまでではないんですけど、アオメダカの方がこの傾向がやたら顕著で、水面にもあまり出てこなくなり、動きもゆっくり。。。

具合が悪いのか? とも思いましたが、そうでもなさそうなので、早くも巣籠もり(冬眠)準備なのかなぁと。

f:id:hanairoryuka:20210917121628j:image

何月か? ではなく、気温で時期を判断していった方がいい感じのようですね~。

大人のメデカちゃんと比べて、チビメデカの方が動きが俊敏でまだまだ元気、水面上で今もチョロチョロ、若いっていいわねー、という感じで動いています。

 

ヒメタニシも、増えたのはいいんですけど、なんかすでに土に潜ろうとしている個体がいまして(笑)

f:id:hanairoryuka:20210917125934j:image
f:id:hanairoryuka:20210917130224j:image

やっぱりこれもまだちょっと早いのでは? と私的には思うんですが、タニーの体感的にはもう冬眠準備するくらい… ?

水温は本日で20℃ですが、手を入れてみますとかなりヒンヤリしています。

日中は、タニーもコタニーも合わせてのたくたと活動していますけど、夜はどうなんでしょうね~。

 

ミミズコンポストのミズリーちゃんたちの分解の速さも目に見えて衰えてきました。

30℃超えの暑さもキツかったですが、ジグザグ気温で冷えたせいか、フェードアウトではなく、いきなり鈍りました。

ミズリーちゃん自体は肥えております、本当に明らかに肥え太っておりますので(ほら)、夏の間に栄養は十分とっていたはずですが、この感じですと秋冬のコンポストの毎日投入はムリかもです(^_^;)

f:id:hanairoryuka:20210917121707j:image

ここらへんは生体コンポストの難しさかもしれませんね~。

1年を通してコンスタントに分解ができるのはやっぱり電動だけかなー。

微生物たちの活動も寒くなれば衰えていきますので。。。

とはいえ、春夏は生き物の活動は活発に、秋冬の気温の低下と共に衰えていく、植物も落葉したり枯れたり、そのこと自体は自然の摂理。

でも明らかに気候がおかしくなれば、それは自然といっていいものかどうか、冬眠できない熊がかわいそうなことになったりというようなことも出てまいります。

 

8月の終わりにはミナミヌマエビを60匹投入しました。

春にも入れてみたんですけど、水合わせの段階で何匹かは☆になってしまったので買い直しをして、今度は慎重に水合わせをした結果いい感じたったのにアオメダカ鉢エマージェンシーですべて☆に(;_;)

チマチマ入れていますと☆になる確率の高い生き物なので落胆しますし、60匹入れたら、さすがにやっと目視できるようになりましたね~。

数だけだと、えっ60匹も!? と感じられるかもしれませんが、ミナミヌマエビの60匹はぜんっぜんまったく大したことございません。

 

メダカやヒメタニシとの混浴ではなく、ミナミヌマエビ単体での方が長生き、そして増えるそうなんですが、スペースはございませんので、同居でいってもらいます。

ですので、すでにビオトープの水ができあがっていて水温も安定してきたこの時期にドバッと入ってもらいました。

寒さがくる前に環境に慣れてもらって越冬、春から増えてくれればいいな~と思っております(*^^*)

f:id:hanairoryuka:20210917122526j:image
f:id:hanairoryuka:20210917122540j:image
f:id:hanairoryuka:20210917122556j:image
ミナミヌマエビは若干保護色になるので、肉眼で確認するにはよーーーーーっく見ないとわからないんですよね(笑)

でも、いろんな所をツマツマ、ツマツマしておりますし、水の中もスイィーっと泳ぎます。

あ、死んだと思って取り出したら脱皮の皮でした。

虫もそうですけど、あんな細い脚の1本まで残らず再現されてるって、自然の妙ですよね~てっきり死体かと(^_^;)

考えてみれば死体なら桜エビみたいに赤くなるか白くなるかのどちらかなので、半透明なら皮ですよねー。

 

関東はこれから雨。

すだれと重しの鉢で台風の雨対策をしましたか、さすがに豪雨ですと水質の激変で生き物が死にかねないので、やらないとまずいです。。。

自然の環境は流れがありますので、仮に豪雨になっても大丈夫ですが、ビオトープはやっぱり人工のインスタントですので。

 

トップへもどる