シノワローザ空間

お庭仕事や薔薇、植物、好きな事など

耐えがたい暑さのためネガティブ発言多数の一応の酷暑庭

あまりに暑いため、死にかけですので、ちょこっとだけ地球内生命体のお話をさせていただきますねー(笑)

 

とぉーーーにかくっ!! 文句なしに暑い、いや文句あります、暑いなんてものじゃないです、溶ける前に焦げたり煮えたりします。

湿度もパンパないですし、地上に生きているのにこれじゃ水棲生き物ですよ。。。

その水棲生き物ですら水温があがってしまい、自然の環境の中でも死んじゃったりしていますので油断はできませんよね。

あのビオトープのリセット、まだ先月でよかったですよ…

エラ呼吸しながら半分意識を失いかけつつ、お庭に朝夕に水をまき、ぼーっとしております。

 

レモンバーム

レモンバーム

撮る時期が少し遅かったです。。。

半分は萎んでいました。。。(-_-)

春と違ってジャストタイミングをやすやすと逃してしまうのは酷暑のせいです。

 

カラミンサ、キャットミント

カラミンサ

キャットミントウォーカーズロウ

このようにピンボケしているのも頭の中身もボケボケで(日本政府ほどはひどくありません)酷暑のせいです。

暑くてじっくり落ち着いて撮れません。

行き倒れの死にかけ行者みたいな感じで写っています。

この画像がいかに私が暑さを耐えかねているか、という証拠写真でございますm(_ _)m

スクープしたところですね。

 

少し気をとり直して、ミント。

ミント

清々しげですけど、お庭はまったく清々しくはございません。

全体を見回すと、ひたすら耐えている感を感じます。

小さな虫がミントの花にはたかっていましたが、ハーブの花は虫たちが大好きですよね~(*^^*)

 

うちのお庭、狭くて周りが建物に囲われてるだけに、いや増す暑さ(>_<)

その分、嵐の時はそこそこ守られる傾向にあります。

 

植物たちは夏に咲くものでも休んでいたり、咲いてもチンチクリンで、枯れないでいる、生命維持だけで精一杯ぽい。

宿根系のサルビアなどもつぼみはあがりますが、茶色く焼けて枯れてしまいます。

バラは少し前から、咲けば若干深く切り戻しをしておりますが、頑張ってたまに咲いてくれています。

f:id:hanairoryuka:20210806112353j:image
f:id:hanairoryuka:20210806112407j:image
ニチニチソウは暑さにはめちゃくちゃ強いのでまぁまぁ。

f:id:hanairoryuka:20210806112336j:image

ポーチュラカもあるんですけど、昼間に咲いているので、私が見る時はもう萎んでいます(-_-)

 

朝顔はポチ。

曜白朝顔茶々丸

朝顔・茶々丸
私は青系か、渋めのカラーの朝顔が好きですが、もう真夏がバリバリに現役の時には朝顔で涼を感じることもほとんどなくなりました。

漫画の『サザエさん』を読んでいると、家の庭や路端で夕涼みをしていたり、縁側には簾で日光をよけて扇風機やうちわ、なんて光景がありますが、もうそんな時代は終わりました。

でも『サザエさん』読んでるとなんだか癒しされるので、時々読みます。

 

虫は… いるにはいますが、蚊です、蚊(-_-#)

蚊ばかりで、朝夕の時、蚊取り線香を携帯しながらお庭。

その蚊ですら、30℃越えれば出てきませんが、元気なのはセミですね~~、さかんに声が聴こえてきますが、セミもあんまり暑いと昼間はいったん休んでおります。

 

私が作業をしてるそばで鳴かれると、さすがにうるさいので、よけいに暑くなります(笑)

工事現場の作業音と比べてどっちが大きいかな~。

この暑さの中でごみ収集されたり、荷物を運んでくださったり、外で工事をしてくださったり、外作業の方々には会うと心の中でお礼をいっています。

 

あとはダンゴとワラジンは見かけますが、昼間、ナメクジおやじはバカンスで避暑地におでましなので見かけませんね~。

出てきたら塩いらずで日干しになりますからね。

ヒランヒラヒラと、アゲハチョウやシジミ、キチョウの類をよく見かけます。

あれは… どなたかの魂である… そんな感じも受けますし、妖精さんの姿で… 

やっぱり頭もどうかしているようでございます。

 

蚊のメスがビオトープで卵を生んでるのを見て“こやつらめ全部メデカに食われるがよいわ”と意地の悪いことを思っていましたら、ふと見れば脱皮の皮。

皮にもちゃんとシマシマ模様がついてます。

あのミクロの世界は、お米ひと粒に細字を描くのとどっちが難しいでしょうね?

ボディスーツが水に浮いているということは、へえ、1匹だけでも大人になれたやつがいたんだ、と驚きました。

 

ビオトープで溺死しているワラジンとか(うかつにも脚を滑らせましたね)、ビオトープの淵や浮草にとまり、羽の掃除をしている小さな羽虫とか。

やっぱりみんな暑いので水辺が恋しいんだと思います。

もがく水面から何度、虫を救出したことか。

これでも一日一善、徳になるでしょうか。

 

針子はいねが~~と目をこらすと、わらわらと針みたいなのが、マツモの向こう側、水鉢の端付近にいます。

なるべく親が近寄れない場所を選んでいるんですけど、本能ってスゴイ。

 

この暑さで南国性質のものは、以前にも増して貪欲に生育の月桃

月桃
月桃は葉っぱからよい香りがしてタンスの引き出しとかに入れると虫よけになるとかいいますが、狭いとこでこんなに大きく(^_^;)

あれですよね、ショウガとかウコンの仲間?

もう地面にくっついて固定されています。

 

ハゴロモジャスミンも、もうもうになってしまい、まだ足らないようで見苦しいほど伸び続けています(>_<)

f:id:hanairoryuka:20210806112710j:image

来年はその分たくさん咲くんでしょうけど、これではもう2年に1度は伐採しないと(カツラ取り)奥の方で蜂やキジバトが巣作りしてしまいますね。

すぐそこがお隣りのキッチンなので、作らせるというわけにもいかず。

 

この酷暑、いったいいつまで続くんでしょうか。。。(;_;)

 

トップへもどる