シノワローザ空間

お庭仕事や薔薇、植物、好きな事など

虫たちも動き始めた春のお庭

啓蟄を過ぎまして、春のお庭でも虫たちも活動し始めました~。

アリも見かけましたし、小さな羽虫も飛んでいます。

虫たちの姿を見かけるようになるとワクワクしてきます(*^^*)

 

淡い色のビオラはさっそくナメクジの餌になり始めました(^_^;)

私も懲りないので、今年は大丈夫かな~と根拠のない動機で、やっぱり毎年、好きな色のを植えちゃうんですよね~(^_^;)

わかっていてあえて植えるので、自業自得なんですけど。

クリームイエローのビオラ

でもまだ、平和そうにのたくってるいる姿は見ていませんし、いくらなんでもあんたちょっと時期が早すぎでんがな~と思いましたけど、寒さの強い日はまだまだひたすら鉢の底なんかに姿を隠しています(ダンゴムシたちと一緒。よく平気ですよね~)。

 

春になり雨が多くなると、土も湿りがちになってきて、暖かい日の夜間などにどうやらレジスタンス活動をしている模様。。。

 

ナメクジは淡い色の軟らかい、食べやすそうな花びらが大好きなんです。

それと庭にグラウンドカバーをしているので雑草の生える余地がないことビオラに傾く原因かと思っていますが、グラウンドカバーも必要ですし、う~ん。。。(^_^;)

 

ビオラってエディブルフラワーのひとつですよね。

エディブルフラワーというのは食用にできるお花のことですが、使われ方は彩りを添える、美しさ、可憐さなどを表現するためにレストランで使われますよね。

 

よくサラダの飾りのアクセントなどにも使ったりもしますが…  ナメクジが容赦なく食べる、ということは逆の発想をすると、人間にとっても毒がなく無害、ということなんですよね(笑)

 

濃い色のビオラはあまり食べないということは、花びらの厚みの違いからの食感の違いや、味の違い… 色の濃いものは苦味があるとか、なにかしら、わずかな違いをわかっているグルメなんだと思います。

人間と同じで、よりおいしくて好みのものを食べたいんですよね。

気持ちはわかります(笑)

 

家の中でも、クモも見かけました。

小さいのが歩いていましたので、春なんです(笑)

 

虫たちが出現して、私にはすべての虫の名前がわかるわけではないですが、見知った顔で、つやつやで小さい、真っ黒な甲虫もヘリオフィラにくっついてまして。

カツオブシムシの仲間なのかな?

白のヘリオフィラと甲虫
よくよく観察、目をこらすと発見の連続です♪

植物と虫は、切ろうとしても切れない縁ですので、これからはもっと増えていきますが、今年はどんな虫たちに出逢えるのか、楽しみです(^-^)

 

昨年になんですけど、アジサイのダンスパーティーをひと鉢買いました。

5号鉢くらいのプラ鉢にダンスパーティーは立派な花をつけていましたので、あー…  と思いました。

 

生産者様側では苗を育てる時には矮化剤や促進剤などを使いますよね。

短期間で花をつけさせることができたり、花の時期を揃えられたり、本来は背が高くなるものを小さく咲かせることができます。

矮化剤を使っているものは、その効果が切れれば元の大きさで育っていきます。

生産者様側として、商品としての植物を育てるためには必要なもので、ご家庭の園芸のようにはいきませんよね。

花卉農家さんは大変なお仕事です、私たちが花を選んで買うことができるのも、生産者様のおかげですm(_ _)m

 

ですので買ってきたアジサイは本来の育ちではなかったので、冬になる時期には、上部は枯れました。

落葉する時期でもありましたし、本来の季節ではない時期に満開になっていましたので、当たり前といえば当たり前。

 

2本出てるうちの(挿し木したものを大きくしたようです)片方は完全に枯れて、残った方が越冬して新たな新芽を出してきました。

ここからがアジサイ本来の生育になります。

アジサイ・ダンスパーティーの苗
アジサイは花木ですし、株が充実しないとなかなかよい花はつけられないですよね?

このまま時々肥料をあげながら株を育てていこうと思います(^_^)

 

 

前回ご紹介したクリスマスローズに次いで、オリエンタリスの別の株も咲きました。

この時期、クリスマスローズ沈丁花などは、ほぼ満開を迎えて梅は散っています。

 

シングル咲き、赤毛のアンみたいにそばかすだらけの、ちょっとダークなピンクですね(笑)

こちらも以前のものと同じく実生苗からのものですが、植えたの覚えていませんので何年たったのかな? 

クリスマスローズダークピンク
クリスマスローズダークピンクのアップ

 

ベランダで育てていて1株枯れたネモフィラ、場所が空いてしまって寂しいので、鉢植えのレモンを置いてやりましたがネモフィラ。。。これはこれで立派なんですが、あんまりといえばあんまりなカンジです(笑)

 

真上から見下ろすと張り出しの様子がよくわかりますよね?

  • なんなんでしょ、この張り出し方は(笑)

今現在のベランダのネモフィラの状態

この最終形態、ネモフィラの形として滅多に見ない形ですよー扇子ですか(笑)

 

残された方が自分が頑張らなきゃと思っているのか、隣りにレモンがきたから緊張してるのかはわかりませんが、過酷な冬を乗り越え、春を謳歌していることは確かかと(笑)

 

これは北側玄関の植え込みに植えてある、斑入りツルニチニチソウ

斑入りツルニチニチソウ

朝日と反射光だけしか当たりませんが、日陰には強いので、植え込みはうまくカバーしてくれています。

 

ここは土壌改良をしていないので、ほぼ砂地に近い、より乾燥しやすく、水もちも悪く、水も天からのものという条件ですが、ツルニチニチソウは乾燥にもものすごく強く、ランナーを伸ばして増えていきますので、反対に、仕方なく定期的にむしっています(笑)

 

トップへもどる