シノワローザ空間

お庭仕事や薔薇、植物、好きな事など

白梅やクリスマスローズなど

白梅が咲きました(*^^*)
真冬が過ぎて、だんだんと庭に日が当たり始めたからなんですけど、白梅は春の香りを仄かに、周りに漂わせてくれています♪

今年も無事に咲いてくれました。

 

というのは、木肌を見ていただくとわかるんですけど、相当年期の入ってる老木で、いつまで元気でいてくれるかと… おじいちゃん…   おばあちゃんかもしれない…

 

にも関わらず、庭の狭さのため、枝打ちは必ずしなきゃならないので、毎年つぼみがつくのと、新芽が出る時まで、ヒヤヒヤものなんですよね~(^_^;)

白梅
白梅の木

冬は野鳥たちにミカンを与えて、夏は葉っぱで木陰を作り、年間通じて野鳥の休息場になっているこの梅が、枯れないことを祈っているのですが(^-^)

★関連記事・野ねずみコンチェルト

 

この白梅の時期は、クリスマスローズと重なります。

クリスマスローズ、オリエンタリスの八重咲きですが、うつ向いて咲くから、お顔がわからないんですよね~(^_^;)

ムリヤリ前を向かせたいんですけど、あんたの方が私に合わせなさいよといっています(;_;)

クリスマスローズピンク
クリスマスローズピンクのアップ

下のは、上のと微妙に色が違うんですよ。

コーラルピンクといいますか、ちょっとニュアンスカラー的な。

クリスマスローズコーラルピンク
クリスマスローズコーラルピンクのアップ

このふたつのクリスマスローズは、実家からもらってきた実生苗で、本葉がまだふたつ、みっつくらいしか展開してなかった芽を植えて、数年かけて大きくなりました。

親は同じはずですが、カラーや形のバリエーションの違いが出てますよね~。

人間の兄弟姉妹と同じです(笑)

 

クリスマスローズはヘレボルスとも、レンテンローズともいいますが、ローズではなくキンポウゲ科です。

和名は、寒芍薬

まだまだ真冬に近い寒い時期に咲く芍薬

八重咲きを見ると名前のニュアンスもわかりますよね♪

キンポウゲ科なので、シュウメイギクオダマキアネモネラナンキュラスクレマチス、ニゲラ… あとなんだっけ、あ、デルフィニウムもそうですね、みんなどことなく、つぼみの形や花姿がちょっと似ています(*^^*)

 

でも流通名クリスマスローズでの名前が一般的ですし、響きもこちらの方が素敵なので、クリスマスローズはやっぱりクリスマスローズがいいかなー(笑)

 

この下のクリスマスローズ、今年は気がつかないうちに咲いてました(^_^;)

いつ植えたのかは覚えてないですが、上のと兄弟だと思うんですけど定かではなく。

実家からの実生苗ということは確かです(笑)

でもシングル、小ぶりな一重咲きなので、兄弟の個性ですね(笑)

一重咲きクリスマスローズ
一重咲きクリスマスローズのうつむき顔
一重咲きクリスマスローズの正面

クリスマスローズのニゲルは原種で、根っこの黒さからその名がついていますし、ヨーロッパではクリスマスの時期に咲くのはニゲルなんですよね。

根には毒もありますが、全体的に肌の弱い方は手袋があった方がいいかもですね。

葉っぱのギザギザ、けっこう硬くて鋭いですので(痛いです)、傷つくこともありますし、ちょっとかぶれることもないともいえませんので。

 

ガーデニングブームが起きた時に、クリスマスローズはみなさまに認知されて人気が出たと思うんですが、それからどんどん交配改良が進んでいます。

新品種は未だに、美しく花容も多種多様なものが作出されていますし、お花屋さんで苗を見かけるたび、綺麗だなぁ~と思って通り過ぎます。

それくらい、いろんなものがあるので、とてもではないですが全品種なんて植えられません(笑)

当時の種交換でも人気で、よく行き来をしていた種です。

 

クリスマスローズはコレクションマニアな方がとても多くて、クリスマスローズ屋敷だったり(笑)、交配も熱心という研究肌の玄人はだしの方もいらっしゃいますが、もしも自分だけの品種が見つかったら天にも昇るほどの感激でしょうね~(^○^)

 

その性質はいたって丈夫、日陰でも乾燥気味でも耐えてくれますし、毎年花をつけてくれる、ありがたい宿根草です。

シェードガーデンには絶対に、欠かせないお花のひとつかと。

病害虫も特に目だったものはないですし、花姿はうつ向いて、可憐です。

育てやすいお得感のあるお花ですよね~( ・ω・)ノ

クリスマスローズニゲルの交配種

気が向いて、ぽつ、ぽつ、と咲いたりもいたします。

 

下は、プリムラマラコイデス、ライムグリーンフサコで、以前はウィンティライムと呼ばれていた品種ですね~。

育成者さんのお名前がつけられました。

確かにフサになって咲きますもんね、フサコだけに(不謹慎…)

清廉さのあるホワイトとはまた違う、淡く柔らかなライム色は場所があったら群植させたいくらいです。

プリムラマラコイデスフサコ
プリムラマラコイデスフサコのアップ
プリムラマラコイデスフサコのアップ2

 さて、ネモフィラ、インシグニスブルー、今季はベランダで思ったようにはいかなかったので、お花屋さんの前を通ったら、もう一度植えてみてよ! と、苗から声がかかったので花壇に植えました。

またナメクジの餌かなー(^_^;)

ホントにナメクジが好きなんですよ、ネモフィラのブルー。

私と好みが被るわ( ̄^ ̄)

グラウンドカバー剥がしてくっつけて植えてますよー(笑)

ネモフィラの苗

 

冬に、鉢植えで花壇に置いておいたワイルドチャービル、レイヴァンスウィング、私よりも先に春に勘づいたようで、気がついたら土に根を下ろしていました(これじゃあ、再びのプラリーヌ・ルージュ状態ですよ…)。

なので引き抜いて、そんなに花壇がいいなら植わっときなさいね、と定植してしまいました。

ワイルドチャービル“レイヴァンスウィング“

我が物顔で居座ったチャービル…  もくろみ通りにいくのか?

なぜなら手前にはかなり繁りまくるレモンバームがいるんですよね。

けっこう混みこみ、どうするんでしょう。

知~らないよっと(笑)

 

…庭はそろそろ、野鳥たちの餌やりも、終わりの時期が近づいてきています。

 

が!

お花って、スマホで綺麗に撮るの案外と難しいじゃないですか~~っ(泣)

今まではなーんにも考えずに、テキトーに撮ってたんですよね~。

ブログにアップするわけでもなかったですし、スマホの小さい画面なら、まぁそこそこ綺麗に見えるし?(^_^;)

しかも、アップの方法も知らなかったし!

もともと写真は苦手なので、よけいに画像がボケる…。

ボケるのは自分の頭だけで十分ですので、なるべく綺麗に撮る試行錯誤を、これからいたしたいと思います(笑)

 

トップへもどる