シノワローザ空間

お庭仕事や薔薇、植物、好きな事など

報復のプラリーヌルージュ

昨年の12/29、花壇に根づいてしまっていたプラリーヌルージュを抜こうにも抜けず放置していましたが…


やりました、鉢増し。
今日は爆弾低気圧の影響で、もんのすごい強風。
庭なんて小さく、ねずみの額だというのに、どこからかなんか飛んできてよもやゴッ…!! 頭蓋骨陥没!! なんてことにならないかな…と真剣に心配になるくらいの風。
あっちこっちから、ゴォーッと。


でもそのわりに気温はそんなに低くない感じでしたので、頭はカバーせず、前回流血した両手をきちんと手袋でカバーしてやりました。
今度こそ流血はせず、強制的に移動してやるからね!のいきごみです。

ガーデングローブ

風にぶわぁっと煽られながら、ガンガンと鉢を打ちつけて、ちゃんと抜けるかなー抜けなさいよーとやったんですけど、あらなに、案外スポッといき…
え、な、なんか抜けない、詰まってる!


それでも、えーい!! とやったらブチッ! バキッ!! っと。プラ鉢だったので割れちゃいました。。。

少し根っこくっついてる…(青)
割れたプラ鉢
そして抜いた苗を見れば、底がすごかった。。。
根っこがトグロ巻いてましたよ…。
ついでにミミズンが1匹だけ住んでたので、もったいないから一緒に引っ越しさせることに。
でもやっぱり今の鉢じゃ狭かったんですね…(確か6号…)。


なので今回はバラの家さんの8号スリット鉢です。
ちょっと根っこの先は切れちゃったけど、たっぷりお水もあげたし、一応は休眠時期だから、なんとかなるだろうと思ってます。
葉っぱはつけてるしまだ青かったけど、軽く剪定しました。
体がまだ小さいのと、多少なりとも根っこが切れたので強剪定はやめておこうかなと。


予定通り、ダフネの場所と置場所もチェンジしたので、無事安住してくれればいいんですが。

安住の場所にいるバラ・プラリーヌルージュ

周りにいる宿根草は寒さで葉っぱは萎れ加減、越冬芽が出ています。
1月ですから先月よりもいくぶん寒さも増してるはずで、春までは現状維持です。


心配なのはコロナですね。
東京2000人越えちゃいました。。。
みなさんと同じように、私も今もできる限りの自粛と予防はしているつもりですが、あまりにも広がり方が速いので、変異種なのでは? と思ってしまいます…。


お医者さんや医療従事者の方々の苦難はきっとあまりあり、お世話になる側だけの私には想像することさえできませんが、できることは今は最大限、そのお世話になることがないように努力して、予防を徹底することだけです、悔しいですが、それしかできません。


季節は私、夏がダメで、冬はなんだかんだ、わりと好きなのですが、コロナが一緒じゃイヤだなぁ~。。。


冬剪定・バラの二次剪定
バラのまとめへもどる
トップへもどる