シノワローザ空間

お庭仕事や薔薇、植物、好きな事など

猛烈な雨の後にバラがぐったりしおれる…やりがち、でもありがちなこと

最近のバラ観察で、ちょっと気になったことをいくつかお話させていただきますね~(*^^*)

あーそれあるある、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんので。

 

 

朝になったらぐったり…

季節は春。かなりな量の雨が一気に嵐ともに降ってきて、強い風にもあおられて。

そんな時、バラ好きとしては夜中、心の中では“バラ大丈夫かな…”なんて思っているわけで(^_^;)

そして翌日になれば、朝から晴れ間の強い日差し(*_*)

 

そんな時、バラの芽先が全部垂れちゃってるじゃあ~りませんか!

なんでだぁぁーー!

f:id:hanairoryuka:20210418130101j:image
ウソ、まさかの水切れ!?(◎□◎)

でも昨日の夜あんなに雨が降ったじゃーん!

それとも強風に吹かれて疲れちゃったとか!?

まてまて、なんともないバラもいる…

でも触ってみたら、くたぁ~っとしています。

ヤバい…  やっぱり水切れなのかな…

f:id:hanairoryuka:20210418125930j:image
そう思ってお水をジョーッと…

 

あげないでくださいね~(笑)

 

これは水切れではないんです。

落ち着いて周りを見渡してみれば、他の植物も同じような状態になってるのがいるんですよね~(笑)

紫陽花とかハーブとか、ともかくいろんな植物がよくなりますね~。

 

バラにフォーカスしていると、心配になってつい水責めという拷問を行うことになってしまったりします(^_^;)

 

これは天気が雨 → 晴天という激しい環境の変化に、葉っぱからの水分が蒸散されて、水分の供給がてっぺんにまで追いつかなくなってしまったという、一時的な生理現象が原因です。

 

試しに土に指を突っ込んでみてください。

十分に水分ありませんか?

 

もしも乾いていたのなら、それはホントに水切れかもしれませんが、そうでなければ土には水分たっぷり。

時間がたてば自然に治ります。

 

どしゃ降りの後のピーカン、しかも高温だったり、人と同じで最近の気候は刺激が強すぎですので、なおさらですよね~。

 

ちなみにこの画像のバラはプラリーヌルージュです。

毎回、必ずこうなるんですよね~(^_^;)

 

えひめAI-2散布のためのスプレーボトル

初夏の陽気、気温が20℃くらいから自然発酵で、以前お話をさせていただきました、えひめAI-2が常温で作れるようになります。

 

私も今年最初に作ったものがそろそろなくなりそうなので、次のものを作りたく、なるべく早く作っておいて常温放置でいきます。

 

えひめAI-2と菌の黒汁を適当に水で薄めてスプレーしてますが、そのスプレー、このようなノズルの長いものが便利です(*^^*)

f:id:hanairoryuka:20210418163756j:image

ノズルがありませんとリーチがないため、バラの奥の葉っぱや裏に到達しにくいですし、手が疲れます~。

 

うちのこのスプレーは2代目なんですけど、そこそこ長持ちもいたします。

 

 

誰の子だっ!

きっと親はなにかの種類の飛ぶ虫なんですよね。

バラの葉っぱの裏に体長3㎜、幅は1㎜程度のホントにちっちゃな青虫の群れが孵化してくっついています。

食べるので、葉っぱが白抜きしたみたいになるので、すぐにわかります。

f:id:hanairoryuka:20210418130314j:image
それで葉っぱの裏を擦って潰すと、こやつらなんですよねー。

1枚とかだけなら、葉っぱをそのまま取り除けばOKです。

 

テデトールから生き残った部隊は糸で、つつーっと落下傘していきます。

小さくても仲間が潰され、危機感を感じるんでしょうね~。

虫たちにとって、私はあの『進撃の巨人』の巨人のようなものなんです(とうとう終わってしまいましたが…大好きなのでちょっとロス)

 

親はどなたでしょう?

子供がこんなに小さいので親はヒラタアブなんかよりももっと小さいはずですね。

さほど大した被害にはならないんですけど、気づくと潰しています。

 

今朝はこんなのもいました。

こやつらよりははるかに大きいですが、何かの子供の青虫ですね。

形からするとシャクガ類かな? とも思うんですけど、動きを見ていないのでちょっとわかりません。

f:id:hanairoryuka:20210420102811j:image

1匹だけのようでしたので、見て見ぬふりをしてあげました。

とりあえず、命拾いしたな(笑)

あんまり食べるようなら、テデトールです。

ホントに私は巨大なんですね~(* ̄∇ ̄*)

 

育ってくれば、そのうちシャクトリさんかどうかわかるでしょうから(^_^;)

 

バラのまとめへもどる

トップへもどる